最近の葬式とお通夜

最近の葬儀とお通夜の服装

人が亡くなると、供養とお別れの意味を込めて様々な儀式が行われることになります。
近年では家族だけでな会いないに済ます家族葬や、お通夜や葬儀を行わず仮装の実をそっと行う式を挙げる人や、逆に故人の遺志を尊重した一風変わったスタイルで執り行う場合もあるようです。
また、宗教によっても葬儀の形は変わってくるものです。
故人との最後の別れを告げる神聖なばですので、失礼がない身だしなみで参列する事が大切になってきます。
このような場は突然訪れる場合も多く、また前もって準備すると言うのも縁起が良くないと感じられがちですが、いざという時にバタバタしないようにするために、社会人になったならば恥ずかしくない程度に準備しておくのも大切なことなのです。

一般的に、葬儀の時には男性は礼服、女性は喪服というのが決まりです。
男女ともに靴やバッグなどは金具などの光るものがないものを使うのが良いとされています。
腕時計くらいならよしとされますが、その他の金属のアクセサリー類は控えましょう。付けるのであれば、真珠のアクセサリーです。
メイクも控えめにし、髪も地味にまとめます。
毛皮などの素材は避けましょう。女性は黒のストッキング等を着用し、極力肌の露出を避けるようにしましょう。学生であれば制服で出席します。
子供の場合はそれ程こだわる必要もなく、白いシャツに黒いセーターなど極力地味に黒っぽくまとめた服装で大丈夫です。
お通夜は、訃報を聞いてすぐに駆けつける場となります。
以前は、礼服や喪服でお通夜に出席する事はまるで準備をしていたかのようであるためNGだと言われていました。訃報を聞き急いで駆け付けたという意味で、平服の黒っぽい服装が良いと言われていました。ところが、最近ではその風習も変わり、お通夜方礼服や喪服で出席するケースが増えてきています。
持ちモノや髪型、メイクに関しては葬儀の時と同様に考えれば良いでしょう。悲しみにくれる遺族の方々に失礼のないスタイルで臨みたいものです。

Pick Up